病気や障がいのあるお子さんに特化した出張写真撮影

病気や障がいのある子どもたちのスペシャルニーズに寄り添ったこころに残る写真撮影体験をお届けします。
フォトグラファーの安田一貴は、理学療法士としてこども病院での勤務経験があり病気や障がいのあるお子さんとの関わりやあそびの専門知識と経験があります。その知識と経験を活かし、お子さんの特性やリスクに配慮し、安心安全を確保しながら、こころを和ませ、やさしい空間を創り、その子らしさ、そのご家族らしさを引き出し素敵な瞬間を撮影します。
ご自宅でも施設でも、ご希望の場所で、ご希望のテーマに合わせて、プロ仕様の撮影機材を使用し、写真スタジオと同等のクオリティの本格的な撮影が可能です。
私たちが目指すものは「はいチーズ」と撮影するただの記念写真ではありません。撮影体験を通じて得られる、こころの動き、その子らしさ、家族らしさを感じられる特別な瞬間を写真に残します。時を経て、その写真を見て蘇る思い出、そこで生まれる会話、コミュニケーション、こころに残るストーリーを届ける「写真」を目指しています。

名称 笑顔の向こうに繋がる未来プロジェクト
主な活動地域 関東および各地
活動 出張写真撮影/あそびの広場(イベント)/お家遊び訪問/イベント協力/講師
WEB 公式サイト
BLOG 笑顔の向こうに繋がる未来プロジェクト活動記録
Facebook @ tunagari.project
お問合せ tunagari.project.910@gmail.com

 

関連情報

  1. 障害があっても、住み慣れた市川市で暮らしていけるようにしたい![市川手をつなぐ親の会]

  2. 理学療法士の呼吸ケアに役立つ情報発信「Ease Up (イーズ アップ)」

  3. 千葉県 障害や発達に不安のあるお子さんの子育て広場

  4. 障がい児専門体験型療育ワーク【GOKAN療育プログラム】

  5. 東京都八王子市で障がいや病気のあるお子さんをもつご家族の憩いの場、情報交換などを行っています。

  6. 視覚障害の子どもたちを対象とした「クライミング教室」です。NPO法人モンキーマジック

  7. スポーツひろば 発達障がい児のための運動教室

  8. 難病の子どもとその家族にとって、明日への希望と勇気になりたい。「あおぞら共和国」をはじめ地域活動をおこなっています「難病のこども支援全国ネットワーク」

  9. 聴覚障害児の未来のために「聴覚障害児の会」