豊かなコミュニケーション力を育むスパーク運動療育®

児童発達支援や放課後等デイサービス事業所で提供されるサービスは様々ですが、その目的によって①「預かり型」、②「学習塾型」、③「発達支援型」の3種類に大別されます。

①「預かり型」は、学童保育や放課後クラブなどの集団に馴染めない子どもたちの居場所として機能します。(幼児の場合は保育所として)
②「学習塾型」は、発達障害児のための学習塾や体操教室などで、学校教育への準備や補完、あるいは「習い事」の機能を果たします。
③「発達支援型」は、いわゆる療育です。多くの場合、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、臨床心理士などの専門家が必要に応じたプログラムを実施して子どもの発達を支援するものです。

スパーク運動療育®︎は、子どもの感情を発達させることを目的とした「発達支援型」で、特に未就学児童に効果的です。
先天的な脳機能の特性によって人との関わりが苦手で発達が遅れた子どもを対象に、資格認定を受けた運動療育士®︎が同目線で一緒に楽しく体を動かして関わり、感情の発達を促します。その結果、子どもの情緒が安定しコミュニケーション力が高まります。

名称 スパーク運動療育®︎
所在地 スパーク初台センター
東京都渋谷区代々木4−36−4スパーク駒込センター
東京都北区西ヶ原1-57-16

スパークハウス中野
東京都中野区中野3-20-2

WEB 公式サイト
Facebook @ spark.takako
Instagram @ spark_method
Twitter @ spark_method
YouTube @ SparkinglifeJpn

関連情報

  1. 全国障害者とともに歩む兄弟姉妹の会 (略称・全国きょうだいの会)

  2. 障害があっても、住み慣れた市川市で暮らしていけるようにしたい![市川手をつなぐ親の会]

  3. スペシャルニーズ歯科センター(障がい者歯科センター)

  4. 「ワイガヤSHIGA 21」ダウン症の方、きょうだい、家族の交流会や勉強会を滋賀県で開催していますが、県外の方もぜひご参加ください

  5. 多機能型児童発達支援事業所 ディアーズ1’st

  6. 調布デイジー「ディスレクシアや発達障害の子どもへデイジーを」

  7. 日本唯一のダウン症専門医療機関 愛児クリニック

  8. 自閉症スペクトラム・ADHD・LD(学習障害)、診断の有無にかかわらずお子さんに発達の凸凹がみられる「おうちのかた」を対象としたピアサポート(自助グループ)です

  9. 子育てを面白く!をモットーに「学び舎すまいる教室」