小児がん情報まとめサイト

2004年に、当時2歳だった次男が「急性リンパ性白血病」と診断されました。小児がんの告知を受けて間もなく治療が始まり、同時に24時間付きっきりの親子入院生活が始まります。私の母が差し入れてくれた本の中から、心の支えになった言葉や病気に関する情報をA4サイズ1枚にまとめて新聞を作り、小児病棟の廊下に毎朝貼り続けて(外来治療中は不定期)193号まで発行しました。

この壁新聞をきっかけに付き添い生活を送るママ友だちの輪が広がり、相談にのってもらったり愚痴を聴いてもらったりしてずいぶん助けられましたが、退院するとその相手がいなくなり、治療中で活動の制限もあったため引きこもりの生活が始まりました。そんなとき、弟にホームページ作りを勧められたのがきっかけとなり、自分が「知りたい」と思ったことを発信するための場所、同じように闘病生活をしているママ友だちの輪を広げるための場所をネット上に作り始めました。

これとは別に小児がんの患者家族の情報交換の場として「手をつなごう。」や、病気で子どもを亡くした親のコミュニティーサイト「天使になった子供たち」も開設し、治療中の子を持つご両親、子どもを亡くしたご両親、それぞれが気兼ねなく交流できる場をつくりました。

名称 小児がん情報まとめサイト・小児白血病ブログ「輝く子どもたち」
WEB 公式情報まとめサイト・ブログ
WEB 小児がんコミュニティ 手をつなごう。
WEB 子どもを亡くした家族のコミュニティーサイト「天使になった子どもたち」
Facebook @ hitomi.yamasaki1
Instagram @ kagayaku87
Twitter @ kagayaku_hana
LINE@ 友だち追加

関連情報

  1. 「こどもリハビリかめきち」は日本一リアルタイムに相談できる小児PTです

  2. 不登校でも家庭学習が学校の出席に「本城学院」

  3. 川崎市高津区(武蔵新城駅10分)にあるタイヨウスクールは、障害のある児童、または発達に心配のある児童に療育支援を提供する放課後等デイサービス・児童発達支援事業施設です。

  4. 手話で生きる子どもの学習支援 『あ〜とん塾』

  5. ダウン症児サークルてぃだかんかん

  6. 「はなす たべる だんらんする、をコーディネートする」びぃどろは、言語聴覚士の資格を持つだんらんコーディネーターによる、発達支援事業です。

  7. なかのドリームは、重い障害のある子と家族が安心して暮らせる地域づくりを目指します。

  8. 療育支援トータルサポート アンサンブル

  9. 可能性をみんなで育てよう「めばえ21」