やさしさのカタチは “家族のもしもに備えるノート“ です

やさしさのカタチ“家族のもしもに備えるノート“は障がいのあるお子様と家族の為に作られた全く新しいタイプのノートです。
特別な支援配慮が必要なお子様のサポートブック×大人のエンディングノートを1冊に纏めました。

やさしさのカタチ〜家族のもしもに備えるノート〜は障がいのあるお子様と家族の為に作られた全く新しいタイプのノートです。
特別な支援配慮が必要な子供たちの情報を第三者が見てわかりやすく書いておくことで、介助者に万が一のことがあった時、子供たちの生活をサポートしてもらいやすくなります。

サポートブックを作ったことのない方も、項目に沿って書き込むだけで簡単に作成できますよ!
またエンディングノート部分もアンケート方式でとても簡単なので誰でも気軽に終活ノート作成に取り組むことができます!

項目としては
■子供のプロフィール(サポートブックとしても使えます)
・障害の種類やその特徴について
・アレルギーとお薬について
・かかりつけ医について
・身体の特徴(気をつけて欲しいこと)
・性格とこだわり
・病歴や成長の記録
・補装具について
・手帳や給付金 手続き方法 など
綺麗に纏められるようになっています!
他にも、
■大人のプロフィール
・もしもの時のアンケート をはじめ家族の大切なお金の事や年金保険の事、今後のライフプラン、などなど最大8人が記入できます

家族に何かあっても、このノートさえ作っておけば大丈夫!そんな頼もしいノートです。

もしも、なんてない方がいいけれど、この世に生まれたからには必ずその時はくるもの
そしてそのタイミングは誰にもわからない。

だから「今」備えておくことが大切だと思います。
このノートは家族みんなのやさしさのカタチ。

名称 やさしさのカタチ“家族のもしもに備えるノート“
WEB 公式サイト
WEB やさしさのカタチ オンラインショップ
Facebook @ yasashisa.note
Twitter @ yasashisa_note
Instagram @ yasashisano.katachi
note @ thankyourock
販売・運営 デザインオフィス アクアプラス

関連情報

  1. SOCIAL WORKEEERZは、『Danceで福祉をデザインする』『Dance for social inclusion』をテーマに活動しています

  2. 「くるみの森」は、富山県高岡市で支援が必要なお子さんとご家庭の生活を支える地域連携ハブ拠点としてサービスをおこなっています。

  3. 「IKKA」は ダウン症のある人たちの「強み」や「良さ」を活かし、彼ららしく輝いて活躍できる場を広げることを目的に、保護者が中心となって結成した団体です。

  4. 聴覚障害児の未来のために「聴覚障害児の会」

  5. 訪問美容 nanairo さまざまな理由で美容室に行くことが出来ない方へ

  6. 入院・通院治療を必要とする難病の子どもとその家族の方のためのファミリーハウス

  7. 発達障がいの子、そうでない子も楽しめる可愛いおもちゃやアイテムをご紹介「Borderless Kids」

  8. 認定NPO法人病気の子ども支援ネット遊びのボランティア

  9. 「親の会・ぶるーぽぴぃ」は、学校や日常生活につまずきのある子ども、そんな子どもたちの発達に関心のある大人のための保護者主体サークルです。