理学療法士の呼吸ケアに役立つ情報発信「Ease Up (イーズ アップ)」

呼吸器の問題は深刻です。
神経疾患(脳性麻痺など)では、様々なことが原因で「痰(たん)を上手に排出することができない」「息がくるしそう」といった問題が生じます。
このプロジェクトは、理学療法士の経験をもとにご家庭での呼吸ケアをより良いものとするために立ち上げました。

こんなお悩みはありませんか?
・呼吸を楽にするために家で出来ることを知りたい
・機械で痰(たん)を吸引しても、ゴロゴロが収まらない
・リハビリ風景を見ていても何をしているのか分からず、効果があるのか不安
・命に関わることなので、自分自身が呼吸の仕組みについて勉強したい
・担当の理学療法士に詳しく聞きたいけど、忙しそうで躊躇してしまう

個人から団体まで、ご質問はいつでも歓迎いたします。
HPの問い合わせフォームもしくはInstagramのDMよりご連絡ください。

PROFILE
NAME:まさ
愛知県内の総合病院勤務後、海外ボランティアを経て、現在は教育機関にて専任講師として勤務。専任講師の傍ら地域医療にも携わる。
資格:
・理学療法士
・呼吸器認定理学療法士
・三学会合同呼吸療法認定士
・災害医療研修 終了(ベーシックコース/アドバンスコース)

 

名称 Ease Up (イーズ アップ)
WEB 公式サイト
Instagram @ ease.up00
Twitter @ EaseUp12

 

関連情報

  1. 福岡市博多区のJR博多駅筑紫口近くの【おがた小児歯科医院】です。

  2. HICARU COFFEE ROASTER|ダウン症の方々と共創するコーヒースタンド

  3. 豊かなコミュニケーション力を育むスパーク運動療育®

  4. ドラベ症候群患者家族会|難治てんかん ドラベ症候群についての情報共有

  5. NPO法人 FunPlace39は水泳の他にトライアスロン、陸上競技のサポートをしています。

  6. Hair Salon HANA HANAは長崎県雲仙市で訪問美容と貸切個室美容室しています。

  7. 村の診察室 こどもも大人も、障害があってもなくても みんなで助け合いながら、街の笑顔を作る診察室|社会福祉法人みなと舎

  8. ダウン症児サークルてぃだかんかん

  9. 小さな扉を開ければどこにでも行けるよ。「Little Door」