YeLL|北海道小児等在宅医療連携拠点事業

「YeLL(いぇーる)」は、「北海道小児等在宅医療連携拠点事業」の愛称です。
「yell」は英語で、「応援する」という意味。
日本語の、「家」に似た響きを持つ言葉でもあります。

日常的に高度な医療行為が必要なために、病院で生活している子どもたちがいます。
でも、医療的ケアを自宅で受けられる体制と、ご家族を支える環境さえ整えば、その子どもたちも、自分の家で、家族と暮らすことを選択できます。
医療を必要とする人々が家で暮らすことを可能にするネットワークを北海道につくり、拡げていく。
在宅医療の重要性をより多くの方に知ってもらいながら、多様な人々が一緒に暮らす社会づくりをすすめる。
「応援」してくれる仲間を、北海道にどんどん増やす。

それが、「YeLL」の活動の目的です。

主な事業
 協議会(話し合いの場)の開催
 地域の資源の情報集めと発信
 仲間となってくれる医療機関を増やす活動
 福祉・行政・教育関係者のみなさんとの連携
 患者さん・ご家族の相談窓口
 ご家族の支援、道民の理解促進
名称 北海道小児等在宅医療連携拠点事業 YeLL
活動地域 北海道
WEB 公式サイト
Facebook @yell.hokkaido
実施団体 医療法人稲生会

関連情報

  1. 社会福祉法人みなと舎|重症心身障害児者の方々の地域生活を支援する神奈川県横須賀市の社会福祉法人です

  2. ディスレクシアの人が活きる社会に EDGE(エッジ)

  3. 調布デイジー「ディスレクシアや発達障害の子どもへデイジーを」

  4. 発達障がい児(者)対象 らいおん親子クッキング教室

  5. 育児・発達支援室 ここん|かかりつけ療法士に出会える育児

  6. 群馬県太田市 きょうだい会Shirabe

  7. 看護師によるケアリングサービス Soi Nurse(ソイナース) 発熱、持病、障がい、医療的ケアなど、どんな子どもでもお預かりできます。

  8. 口腔リハビリテーション多摩クリニック

  9. 一般社団法人にじーず|LGBT系ユースの居場所