キッズプランナー|支援が必要な子どもと家族のための『NICO』 x 『にこ★おやこ』が始まります。

最近、妻ムギコの様子がおかしい。

キッズプランナーの新規プロジェクトのお手伝いをしているという。

自宅療養中のムギコは眉間に皺を寄せて黙々とキーボードを叩いているのが常なのだが、最近は鼻歌交じりにニコニコしながら作業している。
大丈夫なのだろうか。少し心配していたある日
いつもにも増してゴキゲンなムギコに
「なんだか様子がおかしいけど大丈夫?」
と尋ねると
「今日はキッズプランナーの若井さんとオンラインで打ち合わせなの」
とウキウキしながら頬を赤らめている。
そうか、最近平日日中は完全にお一人様で、自宅警備に従事しており、さぞかしヒマを持て余すだろうなと思っていたが、そんな心配は無用だったようだ。
まるでザ・ブルーハーツの甲本ヒロトのようなヘアスタイルのムギコが目をハートにしてPCに向かう隣りで、娘もニコニコしながらタブレットをタッチペンでつつき回している。

キッズプランナーは、全国の子育て支援者と、ご家族と共に、子どもたちの笑顔が溢れる社会の構築を目指す団体だ。
子ども達を笑顔にする楽しいコンテンツや親御さん・子育て支援者を対象としたコンテンツをたくさん提供している。

既存のラインナップに加え、この度「医療的ケア児とその家族」が対象の「NICO」という会員制コミュニティツールと、「病児・障害児とその親」を対象とするコミュニケーションアプリ「にこ⭐︎おやこ」が登場した。

新型コロナウィルス蔓延以前は医療的ケア児の親達同士の交流機会や医療機関との連携機会もあったが、ここ数年は直接の接触が憚られる状況が続いている。
病院や人が集まる場所に行くこと自体がリスクを伴うこともあり、医療的ケア児の親もリスク回避のために他者との接触を避けざるを得ない状況が続いている。
酸素吸入や、痰の吸引などの機器を日常的に扱ったり技術を習得する必要がある医療的ケア児の親はとても心細く、不安な日々を過ごしているに違いない。
特に子どもの医療ケアが必要になったばかりの親は不安でたまらないだろう。

そんな方々が仲間と繋がり不安や悩みを共有し、情報交換できる場があるのはとても心強い。
SNSが充実している昨今、他者と繋がること自体は難しいことではないが、アカウント制限やダイレクトメッセージ等のプライバシー機能があるとはいえ不特定多数に開示したくない情報のやりとりなどはSNSには向いてないだろう。
ましてや匿名性の高い掲示板などは悪意に満ちた投稿や根拠のない誤情報がはびこっていて見るに堪えない。

先の見えないコロナ禍の中、地域性に縛られずに安心して交流できる「医療的ケア児とその家族」を対象とした会員制のコミュニケーションツール「NICO」の存在は非常に有益でありがたい。

もう一つの「にこ⭐︎おやこ」もまた素晴らしいアプリケーションである。
スマホやタブレットを子どもに利用させることにアレルギーを起こすアナログ世代(私も含めて)の方もいると思う。
たしかに垂れ流しのネット情報には子どもにいい影響があるとは思えないモノがあるので分別のある大人が利用コンテンツについて取捨選択する必要がある。
しかし学校での授業もタブレット端末を使用している現在、今後はますますタブレットやパソコンを利用した生活が当たり前になるだろう。
子どもが端末機器に慣れる意味でもタブレットを利用した育児を否定するのはナンセンスだと思う。
病院に入院している子どもや障害を持つ子どもとその親に提供されるアプリ「にこ⭐︎おやこ」は、周囲に境遇を共にできる仲間の少ない子ども達がアプリを通じてお互いに描いた絵などを見せ合ったり、キッズプランナーのイベント参加などの交流ができる。

2月オンラインイベント「にこ☆おやこ」参加申込はこちらから

この優良なアプリケーションでは子どもの知育・情操教育ができ、友だちや家族とコミュニケーションが図れ、端末機器の操作を習得できるなんとも一石三鳥な「にこ⭐︎おやこ」である。

これらのサービスをキッズプランナーは無料で提供するのだ。利用する側としてはものすごくありがたいが、どう考えてもビジネスとして成立していない。
正直心配になってしまう。
はっきり断言できるのはキッズプランナーは本当に子どもたちの笑顔が溢れる社会を実現したいのだということ。
それがビジネスよりも遥かに大切なことと考えているのだ。
意識の高みが半端でないその姿勢に自分がひどく矮小な人間だと感じる。

まるで恋人にメールを綴るようにニヤケながらパソコンに向かうムギコと、その横でパイロット版「にこ⭐︎おやこ」らくがキッズでお絵描きに夢中な娘。チョッカイを出すも2人から邪険にされた矮小な私はキッズプランナーに少しだけジェラシーを感じつつこの記事を書いているのだった。

コムコム
コムコム
支援が必要な子どもと家族のための『NICO』 x 『にこ★おやこ』COMUGICOも応援します

 

キッズプランナー
子どもの笑顔のために -Produce Kids Smile-

全国の子育て支援者と ご家族と共に、子どもたちの笑顔が溢れる社会を目指し、歌のお姉さん歌のお兄さん子育て支援者の事務所として主に教材の開発、ファミリーコンサート、保育者研修を行っておられます。
また、入院児のためのイベントや障がい児のための親子ふれあいコンサートを含め様々なイベントを開催されています。

名称 KIDSPLANNER(キッズプランナー)
活動地域 全国(事務所は神奈川と大阪にアリ)
WEB 公式サイト
WEB コミュニケーションひろば「NICO」
SHOP KIDSPLANNERオフィシャルショップ
Instagram @ kidsplanner7
Facebook @ kidsplanner
Twitter @ kidsplanner7
YouTube KIDSPLANNERチャンネル


関連記事

  1. 世界をつなぐおーくぼ×かめきちプロジェクト

  2. ヘレンハウス物語 世界で初めてのこどもホスピス「あおぞら共和国」の原点

  3. 大好き!サルサガムテープ超福祉の日常を体験しよう展へ

  4. Pray for Peace Collection 2020 被爆75年 未来ある子供たちのために

  5. がん患者まっちゃきが発信するイベント「ドヤフェス」へ

  6. コムタク横浜でも泣く~ゆたかカレッジ横浜キャンパス研究論文発表会 予選~

スポンサードリンク

  1. 世界をつなぐおーくぼ×かめきちプロジェクト

    2022.05.03

  2. Buddy Walk® Tokyo 2022 for all|10周年おめでとうございます!

    2022.03.23

  3. みらぽんの大冒険発行一周年|未来くる実行委員会

    2022.03.21

  4. 「18トリソミーの子どもたち」写真展~出会えた奇跡をありがとう~

    2022.03.18

  5. コムタクオンラインでも泣く?~ゆたかカレッジ研究論文発表会 本選…

    2022.03.07

  6. お茶の水女子大学|公開シンポジウム「子どもの親になること」

    2022.02.20

  7. フィリピン被災地域の子どものためのご支援ありがとうございました

    2022.02.19

  1. 渋谷区文化プログラム『MERRY SMILE SHIBUYA2020』|パラとカラダと…

    2021.12.24

  2. tenbo|平和をテーマにした MERRY SMILE FASHION SHOW

    2021.09.03

  3. コムガール(りお)5歳。とても楽しかったピアノ発表会

    2021.07.29

  4. 社会のダイバーシティを考える 立つ、歩く、走る―義足でこえる心の壁

    2021.07.13

  5. こどものみかた「ゆめ工房」丸メガネの野望

    2021.05.29

  6. “日本一リアルタイムに相談できる小児PT” かめきち

    2021.04.10

  7. ルポ「命の選別」誰が弱者を切り捨てるのか?

    2021.02.04